2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

藍色のロマンを求めて・・・・・ 肥前吉田焼 

                    

                  その3

   それにしても・・・・・! なんと!!

   吉田焼には 400年以上の歴史があったとは !!( Д) ゚ ゚ 

   

    鍋島直澄、大いに陶業に力を注ぐ

   

   鍋島直澄公の時代、直澄公は陶業の将来性に着目して、

   大いに振興に力をいれている。

   小窯を廃止して大窯を造り、物資の補給など、多くの優遇処置をほどこしている。

   藩政を譲った後もここ吉田屋に医福時を建てて隠居し、

   歴代の藩主が永く陶業の発達に力をいれるよう計画までたてている。

   吉田焼を含めた、いわゆる有田焼が永遠の発展をするための基礎が、

   直澄公によって確立されたのであります。

               P1000397_2                       P1000395                                                                                                                                                                                    

   

 

   

   その後、正徳2年(1712年)

   天草磁鉱が発見され、陶業界に革新の光を投げかけた。

   吉田山も、塩田港から天草陶石を輸入することにより製品の質が向上していった。

   さらに藩命により御用焼の指定を受けると、一層の技術進歩がみられ、

   優れたものが生まれるようになった。

   今でも、日本の白磁はほとんど天草陶石で作られてるそうです。 φ(・ω・ )メモメモ

   

藍色のロマンを求めて・・・・・ 肥前吉田焼

   

   なんと! 磁鉱石が初めて日本で見つかったのが

   ここ吉田だったなんて! もーびっくり(゚ο゚)

   さて今日は……、

   肥前吉田焼の歴史      

   その

   朝鮮陶工、吉田山で陶業をはじめる

   慶長三年(1598年)、佐賀のお殿様鍋島直茂公は朝鮮半島から

   多くの陶工たちを連れ帰えり、そのうちのひとりを吉田山へ送り込んだ。

   陶業を創めようとするが、隆信公が発見した磁鉱だけでは足りずに吉田村皿屋

   鳥居原に陶土を求めた。

   これを加えて、始めての陶磁器が作られたのである。

       ひょっとして・・・・・、  ひょっとして!

                  陶磁器が作られたのも!

                  ここ吉田山が日本初

   その後、皿屋付近は12戸の製造者ができるまでになるが、

   寛永年間(1610年頃)に李参平が有田・天狗谷に磁鉱を発見すると、

   陶土のほとんどが有田にて採れるようになり、吉田山はこのあおりを受けて

   人材、燃料の不足が起こり不況にたたされたのである。 

                                                                                                                                    P1000391

藍色のロマンを求めて・・・・・肥前吉田焼

  

 本日からしばらく、吉田焼の歴史を紹介したいとおもいます(◎´∀`)ノ

 わたしも知らない吉田焼の謎を、一緒にひも解いていきましょう

 その 1

 吉田村にて我が国初の、磁鉱石見つかる!!

 天正5年(1577年)、 佐賀の龍造寺隆信公は大村の有馬氏を攻略せんと、

 軍を起こした

 この時の案内役は吉田の城主、吉田左衛門大夫家宗であった。

 大村に向かう途中、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴川谷にさしかかった時、

 部下のひとりが大声で叫んだ!!

 川底に、白く光る石を発見したのである。

 隆信公は兵を止め、川底を改めた。  

 これが、我が国最初の 磁鉱石であるという。

 当時、日本にはまだ本当の磁器はなかったのでした。

 

 w(゚o゚)wおおー  なんと言うことでしょう

 この吉田村で磁鉱石が見つからなければ、有田や伊万里の  いや日本の

 陶磁器の夜明けは、まだまだ先のこととなったのでしょうか (

 

子泣きじじい?

    昨日から何故か、首から肩にかけてなんだかとっても痛いんです

    もしかして・・・・・・、  子泣きじじい?

    ちなみにわたし、時々座敷わらしみたいって言われます( ̄ェ ̄;)

    

    

            

ざるそば、ソーメン、冷やし中華、冷スパ、ざるうどん、、、、、

    おはようー(◎´∀`)ノ

 今日は雲一つ無い青空! ピーカンです

 今日も昨日にひき続き、

       冷たい麺料理に合う器の紹介です

  P1000387_2 P1000378_4

 

今夜の晩御飯は冷しゃぶがいいなぁ( ̄▽、 ̄)

ざるそば、ソーメン、冷やし中華、冷スパ、ざるうどん、、、、、

     ついに来ました

           暑い夏がやって来ました

                      そして 

       冷たい麺料理が食べたくなるのです。(*´Д`*)

       食欲がない時、暑くて料理に時間をかけたくない時、などなど・・・・・

       冷たい麺料理がいいですよね

            そんな時! こんな器はいかがでしょう

P1000382  P1000379_2

  

                         

 

                     氷と一緒にソーメンや、冷たいパスタはどうですか

        P1000385_3  

     今夜の晩御飯は、瓦そばにしよっ( ̄▽、 ̄)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »